雛人形

3つのポイントで簡単解説!つるし雛(吊るし雛)って何?

工房ひな雛 つるし飾り

皆さまはつるし雛(吊るし雛)という名前を聞いたことがありますでしょうか。

1507068_508033365962129_414606569_n

雛人形と一緒に桃の節句のひな祭りに飾られているのを実は見たことがあるという方は多いと思います。「何となく聞いたことがあるけど何だかよくわからない」、「聞いたことはあるけれど、見たことがない」、「見たことがあるし、知っている」等、様々なご意見があるかもしれませんが、恐らくその存在意義やどんな使い方をするものなのか、ということまで知っている方は少ないのではないでしょうか。

雛人形と比べてしまうと、知名度は低いのですが、つるし雛には歴史を紐解くと当然ながら作られるようになった背景や、意味があります。今回はそんなつるし雛について簡単に解説していきます。

1.つるし雛(吊るし雛)とは?

 

工房ひな雛吊るし飾り

つるし雛とは、布で作った様々な人形(飾り)を紐で吊るした飾りのことです。吊るすものには様々なものがあり、ハイハイをする子ども、唐辛子、三角の袋(薬袋)、桃等、5列の吊るしを11個ずつ、計55個の飾りを円を描くように吊るしたのものを対で製作したものがつるし雛の基本的なものです。つるし飾りも雛人形と同じく、桃の節句*1に飾るものです。

*1桃の節句についてはこちらをご覧ください。

つるし雛の由来は?

つるし雛が生まれたのは、江戸時代頃からと言われています。この頃、女の子の誕生とその健やかな成長、将来の幸せを願うという現代のひな祭り*2が広く一般的になっていました。

しかし、当時職人の手で製作された高価な雛人形を誰しもが購入することができるかというと、そうではありませんでした。雛人形を飾って、我が子の幸せを願いお祝いをしたいと思っていても裕福な家庭でないとなかなか難しく、お祝いをしたくても雛人形を購入することができないという方々も大勢いました。そんな方々が、自分自身でひな祭りのお雛様を用意することができないか?と考えて、生まれたものが、現在の吊るし雛の起源だと言われています。

我が子のためにお祝いをしたくても一般的な庶民には難しい、だから身の回りにある布を集めて、小さな人形を作ったのです。家族や近所の方々がそうして作ったお手製の雛人形をたくさん集めて紐で吊るしたものが、今日まで続くつるし雛です。いつの時代も子の健康と幸せ想う親心は変わらないことを表すものですね。

*2ひな祭りの由来についてはこちらをご参照ください。

2.つるし雛に吊るす飾りの意味

つるし雛自体には、上記にて述べた通り、江戸時代には雛人形の代わりとして製作されたものですので、元々は女の子の誕生とその健やかな成長、将来の幸せを願うためのものです。加えて、つるし雛に吊るす小さな布飾り自体の一つ一つにもそれぞれ意味が込められています。工房で製作したつるし雛を例に飾りの一部の意味をご紹介します。

つるし雛の飾り例

つるし雛 桃

 

桃の実には、魔除けの力があるとされており、無病息災、長寿を意味しています。加えて、桃は果肉が大きく、実が多く実ることから、子宝に恵まれることを象徴していると言われています。桃の節句という言葉の由来ともとても似ています。

 

つるし雛 唐辛子

 

唐辛子

唐辛子には、虫よけの効果があるとされており、可愛い娘に悪い虫がつかないようにという意味が込められています。虫とは主に男性を指しているとされています。

つるし雛 梟

 

梟(ふくろう)

福を呼ぶ、苦労(不苦労)をしないようにという意味込めています。当て字の様な発想でとてもおもしろいですね。梟の飾りもとっても愛らしく可愛らしいものができました。

 

つるし雛 草履

 

草履(ぞうり)

当時は、歩くときには草履を履いていたため、早く我が子が歩けるようになりますようにとの願いを込めています。早く我が子と一緒に歩きたいということを昔の人も夢見て願いを込めたのではないでしょうか。

 

つるし雛 這子

 

 

這い子

ハイハイをしている子どもの様子を表しています。子供の健やかな成長を願う心が表されている飾りです。我が子がハイハイをができるようになった時の感動は忘れがたいとっても嬉しい出来事ですね。

つるし雛 鳩

 

鳩はむせないということから、よくお乳を飲む子でありますように。元気に育ちますようにという意味を込めています。鳩にそんな一面があることはとても意外ですね。

吊るし雛 鼠

 

鼠(ねずみ)

大黒さんのお使いであるとされる鼠は金運があると言われています。「金運に恵まれますように、苦労がないように」これも現代の親御様と変わらず、お子さまを想う不変の願いですね。

 

 

つるし雛 金魚

金魚

 「金魚のように華麗に人生を送れますように」という願いが込められています。金魚には金運に良いとされることや赤は魔除けに良いとされる意味も込められています。
 
つるし雛 三角袋
 
 
三角袋
 
昔は、薬を三角の袋に入れていたことから、薬袋を指しています。「どうか病気になりませんように、健康に元気に育ってくれますように」という願いが込められています。
 
 
 
約50種程の飾りがありますので、まだまだ様々な飾りがありますが、それぞれの飾りに共通しているのは、お子様への親御様の深い深い愛情と想いが込められて製作されているということですね。決して意味がない飾りはありません。実際に飾った時の可愛さと華やかに加えて、過去から引き継がれてきた親御様がお子様を想う不変の想いが江戸時代から現代にまで途絶えずに続いてきた伝統の所以かもしれません。
 

3.現在のつるし雛

工房ひな雛 つるし雛 つるし雛は冒頭で前述したとおり、現在雛人形と一緒に飾られることが多くなっています。
基本的には、雛人形の両脇に対のつるし雛を飾るとされていますが、絶対ではなく、可愛らしいつるし雛を雛人形と一緒に1つだけ飾るというスタイルも徐々に定着しているのではないかと肌で感じます。
 
その華やかさと可愛らしさの魅力にひかれ、当工房でも雛人形と一緒に対ではなく、1個だけつるし雛をお求めになるお客様も多くご来店されます。雛人形と一緒にどのように飾るか、ルールに縛られずに自由に考えるのもとても楽しい時間です。
絶対の決まりはございませんので、是非お気に入りのつるし雛とお気に入りの雛人形とでひな祭りに備えてみてはいかがでしょうか。つるし雛の意味を知ると、可愛いだけではなく、とっても意義のある尊いものだと感じていただけるのではないでしょうか。
 

まとめひな雛つるし飾り展示

つるし雛は元々は雛人形の代わりに家族や近所の方々が想いを込めて製作したもので、現代とは少し異なった背景がありました。また、つるし雛の小さい一つ一つの飾りには、意味がない物は一つもないとご理解いただけたのではないでしょうか。

一つ一つの小さな飾りに込められたものは、親御様がお子様を想ういつの時代も決して変わることのない想いです。今年のひな祭りには、雛人形と一緒にたくさんの意味と想いを込めたお気に入りのつるし雛を飾ってみるのはいかがでしょうか。雛人形だけでは伝え切れない、たくさんのお子様への想いをつるし雛の小さな一つ一つの飾りに込めてみましょう。

コメントを残す

*